前へ
次へ

グリーフケアを行うべき医療的な時期とその対象者

在宅医療におけるグリーフケアの目的は、大切な人を亡くした家族やその周囲の人が、病気などにならないように、医療的なサポートによって予防していくという観点だけでなく、心理的、身体的、社会的支援を通して、新しい人間関係の中で、これからのよりよい生活をサポートすることです。
死別による心理的な影響に焦点をあてるだけでなく。
家族関係や生活の影響といった、死別により生じ得る、二次的影響を含めた支援が重要です。
看護職が、家族介護者に行えるのは、在宅医療による療養生活開始から終末期にかけて以外にも、臨終時、看取り後と三つの時期になります。
グリーフケアは、起こってしまった出来事に対してだけ行うものではなく、死別前からすでに始めるものであることを在宅医療にかかわる看護職は、心に留めておく必要があります。
終末期におけるケアは、患者本人だけでなく、これから本人との死別を迎え、残される家族にとっても、とても重要ということです。

修理保証付きで選ばれる東京の医療ウィッグ専門店
毛質などが傷んできた場合も専属のスタイリストが低価格で毛先などをきれいに修理してくれます。

みんなが利用しているデザイン会社
ロゴマークから記念誌など幅広く対応しております。ご依頼はジマンニへ

https://pipefreezing.info/
配管の工事なら配管凍結のパイプフリージングへ

https://pipefreezing.info/freeze.html
パイプフリージングが行う配管凍結工法とは?

Page Top